リバイバフォン

その水没スマホ、助けます。携帯復活率90%!水没したモバイル機器、あきらめる前に

リバイバフォンの特徴

  • 画像はイメージです。付属品や内容物は製品仕様をご確認ください。

その水没スマホ、助けます。携帯復活率90%!(※)水没したモバイル機器、あきらめる前にリバイバフォン

ある日突然訪れるスマホの水没事故。いまや携帯電話としてだけでなく、すべての情報がそこに集約していると言っても過言ではないスマートフォンですが、水没して二度と起動できず、データがすべて消滅したなんてことになったら大変です。友人、取引先、その他大切な人に連絡すらとれなくなり、途方に暮れる前に、リバイバフォン。その水没スマホ、90%(※)助けます。

  • 水没したスマホや携帯電話などのモバイル機器に対し、水没後1週間以内の使用の場合。数値はメーカー調べ。

その他の特徴

水没したスマホは、なぜ壊れてしまうのか

バイル機器の水没による故障の原因は、もちろん水分。でも、その水分を乾燥させただけでは機器が復活しないことがあります。なぜなら、水分に含まれるミネラル成分などが基板に残ることにより、乾燥しても接触不良等が発生し、故障してしまうのです。つまり、水分そのものよりも、水分に含まれる不純物の除去が重要なのです。

リバイバフォンは、なぜ復活させられるのか

リバイバフォンは、水没したスマホや携帯電話などのモバイル機器を復活(Revive)させます。水没後1週間以内の使用で、復活率はなんと90%!(※)リバイバフォンは、故障原因となるミネラル成分を基板から安全に除去することにより、高い復旧率を実現した、新しい発想の水没モバイル救済アイテムです。

  • メーカー調べ

もしものときの、お守りとして備えあれば憂いなし

リバイバフォンは、水没後1週間以内の使用で、復活率はなんと90%。モバイル機器の水没は悲しい事故。いつ起きるか分かりません。日頃から備えておいて、いざというときに役立つのがリバイバフォン。復活率を上げるためには、水に落とした後、モバイル機器の電源を速やかに切り、絶対に充電をしないこと。すぐにリバイバフォンを使うこと。たったこれだけです。

もしもの時の、お守りとして備えあれば憂いなし

リバイバフォンの使い方

  1. 付属のボトルに入った液体を、慎重に付属のアルミパウチ袋に注いでください。
  2. モバイル機器の電源が切れていることを確認し、可能な場合バッテリーを取り外してください。iPhoneなどバッテリーが取り外せないものは電源を切るだけでかまいません。モバイル機器とバッテリーを液体の入ったアルミパウチ袋に入れ袋をしっかりと閉じ、7分間その状態でおいてください。
  3. アルミパウチ袋から携帯電話を取り出し、付属の自然乾燥用プラスチックトレーに置いてください。
  4. トレーに入れたモバイル機器を24時間自然乾燥させます。
  5. 24時間後、バッテリーをセットして、モバイル機器の電源を入れてください。もし復活しない場合は、さらに24時間自然乾燥させて、再度電源を入れてください。
  • 使用後の液体は水で薄めながら廃棄してください。引火性が高い成分です。火気の近くでの廃棄には十分注意してください。
  • 本製品は、主に水分が侵入することによる、携帯電話などの機器の機能不全が発生したときに、その機能を復活させるためのものです。使用用途以外のご使用はおやめください。
  • 本製品は水没した携帯電話などの機器の機能の復活を100%保証するものではありません。

製品仕様

リバイバフォン

用途
水分で汚損した電子機器を洗浄する
成分
飽和一価アルコール類
原産国
英国
セット内容
洗浄液入りプラスチックボトル、アルミパウチ袋、自然乾燥用トレイ
注意事項
水に落とした後、モバイル機器の電源を速やかに切り、絶対に充電をしないでください。
これを守るだけで、モバイル機器の復活する確率が格段にアップします。

【警告】

【吸引飲用不可】
  • 人体に害があるので、吸引、飲用しないこと
  • 引火性が高いので、熱、火花、裸火、高温物の周りで使用しないこと
  • 喫煙時に使用しないこと
  • 強い静電気が発生するところで使用しないこと
【吸引飲用不可】
  • 液体を引用した時は、直ちに吐かせて医師の診断を受けること
  • 液体が発する気体を吸引したときは、空気が澄んだ場所へ移動し、呼吸しやすい体勢で体調の回復へ努めること
  • 液体が眼に入ったときは流水で入念に洗浄すること
    その際に、コンタクトレンズを使用している場合はすぐに取り外して洗浄すること
    眼の刺激が継続する場合は、速やかに医師の診断を受けること
【使用上の注意】
  • 使用用途以外に使わないこと
  • すべての取扱説明書を読み、よく理解してから使用すること
  • 静電気に対する予防措置を講ずること
  • 子供の手の届くところに置かないこと
  • 誤飲用を防ぐため、置き場所に注意すること
  • 使用時はアルミパウチ袋を完全に密封すること
  • 保管時は通気性の良い冷暗所でボトル容器を密閉すること
  • 製品のスペックは発売当時のものです。製品改良・改善のために仕様を変更している場合がございますので予めご了承ください。
  • 製品画像と実物は色合いが異なる場合があります。
一般のお客様のお電話での
お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0570-001-469

受付時間 10:00~17:00
(土・日・祝日・弊社指定休業日を除く)

ナビダイヤルがご利用頂けない場合はこちら
03-3234-8800
FAXの場合はこちら
03-3234-8801